葉酸は妊娠中のお母さんにとって大事なものなのです

葉酸について皆さんは知っていますか?
私は妊娠するまで実は聞いたことがありませんでした。
妊娠がわかって産婦人科で初めて聞いた言葉が「葉酸」でした。

葉酸は赤ちゃんにとってとって大事なエネルギー、栄養素になります。
お母さんにとっても大事なエネルギーの元になります。
妊娠中は特に貧血になりやすいのでそれを少しでも抑えるものにもなりますし、赤ちゃんの神経系の異常を減らす効果もあります。

私は妊娠してから看護師さんから説明を受けてから毎日葉酸のサプリメントを食べ、赤ちゃんは元気すぎるぐらいすくすくと育ち、私は無事に元気な赤ちゃんを出産することが出来ました。
大きなトラブルもなく毎週検診では元気な赤ちゃんを見ることができたのは葉酸を毎日摂取していたことが大きかったのかなと今思うと感じます。

そして、葉酸が必要なのは妊婦や胎児だけではありません。
胎児が成長する過程で神経管閉鎖障害の予防をするということが広く妊婦に知られていますが、海外の研究では、アルツハイマー病の改善にも役に立つことが報告されています。

葉酸は簡単に言うとビタミンB郡の仲間です。ほうれん草の葉から発見されました。
ほうれん草のほか、人参などの緑黄色野菜や豆類にも含まれていますが、水溶性で酸化に弱い性質も持ちます。

細胞の生成に必要な栄養素である葉酸は、成長期の子供に非常に不可欠なものです。
またDNAの損傷を修復したり神経細胞の維持を助けますので、アルツハイマー病のほか、DNA損傷の影響下での子宮頸癌や肺癌などの治療にも効果があります。

また貧血にも効果があり、貧血気味の妊婦の身体を助けてくれます。
逆に葉酸が不足してしまうと、ホモシステインという肝臓で作られる生活習慣病お引き起こすと言われる物質が増加してしまい、動脈硬化を招いてしまいます。
このように葉酸は胎児のみならず、妊婦の身体を助けたり生活習慣病を防ぐ働きをすることで、我々の身体を守ってくれる生きていく上で必要不可欠な栄養素です。

妊娠中なのにサプリメントなんて飲んで大丈夫なの?と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
葉酸は妊娠中でも飲めるようになっているサプリメントが大半なのです。

妊娠中に飲むサプリメントは安全で安心できるものを摂取したいですね。
「ベルタ葉酸サプリ」は「品質・成分配合・美容成分・安全性・お客様サポート」に対して、徹底したこだわりを持ちながら、女性の美と健康を応援しているBELTAブランドの中でも、妊婦対象ということで特にきめ細かな配慮がなされています。
出典:ベルタ葉酸サプリ超ガイド

葉酸はとっても重要なんです。

葉酸とは厚生労働省が先天異常の一つである神経管閉鎖障害のリスク低減のため、妊娠を計画している女性や妊娠初期段階の妊婦に摂取を呼びかけている栄養補助食品です。
妊娠するとカルシウムやタンパク質はもちろんのことビタミン不足になりがちのため、積極的に摂取する必要がありますが特に葉酸に含まれるビタミンBは重要です。

葉酸は胎児の正常な発育に寄与する栄養素で、ほうれん草やブロッコリー、白菜、レタス、高菜などに多く含まれていますが葉酸は熱にとても弱い特性を持っており、調理課程でせっかくの栄養素も減ってしまうため食品のみで妊婦が摂取するのは非常に困難とされないます。
そのため、製薬会社や食品メーカーなどが様々な葉酸のサプリメントを研究開発し、世に送り出しています。
サプリメントには葉酸以外の栄養素も含まれており、ストレスの解消や疲れの防止などの副次的効果も見受けられるそうです。

是非妊娠中、または妊娠したいお母さんに葉酸はお勧めしたいと思います。
葉酸はサプリメントなので苦い味もしないしとっても飲みやすかったです。
サプリメントで摂取するのが一日に必要な分を摂取できますが、食品の中にも葉酸が含まれているものがいくつかあります。
鶏や牛のレバー、ほうれん草、枝豆などレバー以外の緑色の葉物にも葉酸は含まれています。
サプリメントに抵抗がある人はこういった食品を日常的に食べることもいいと思います。

妊娠時には欠かせない葉酸ってなに?

もし妊娠活動に注力しているのならば葉酸をチェックしましょう。
葉酸は、その名の通りほうれん草など葉物の野菜に多く含まれている栄養素です。
しかし、とてもデリケートなものですぐに分解されてしまうので調理法にも気を使わないといけません。
葉酸は光、水、熱で失われてしまうのです。
また一度の食事から摂れる量も少なく、一日の必要量を摂るには生野菜のサラダを大皿で4杯程度食べなくてはなりません。

そこで注目されているのがサプリです。
これならば調理方法などに拘る事無く必要量を確実に摂る事が出来ます。
しかし、胎教に良いから沢山摂れば良いという物ではないので、適切な量を摂る事が大事です。
何故この葉酸が妊娠時に多く摂るように言われているのかと言うと、赤ちゃんの栄養になるからというのは紛れもない事実ですが、更に言えば普段から健康の為に欠かす事の出来ない栄養素でもあります。
日常的にバランスの良い食生活を心掛け、更に妊娠時には葉酸のサプリを用いて万全の態勢で胎教に挑むのが望ましいでしょう。

葉酸について

まず、葉酸と聞いてビタミンの一種だと思う人は一体何人いるでしょうか?
そもそも葉酸って何?とか葉っぱの事?だとか思う人の方が多いのではないでしょうか?
葉酸というのは水溶性のビタミンの一種であり、体内の赤血球合成に大切なものでもあり、妊娠前の女性にも胎児への影響があるため不足してはいけない大事な物質の一つとして知られています。

世間一般では「鉄分」が不足すると貧血になることはメディアでよく取り上げられているため、広く知られていることだと思います。
しかし、「葉酸の不足」によって正常な赤血球の合成が上手くいかず、その影響として貧血になること(悪性貧血)はあまり知られていません。

では、何故知られていないのか。
それは鉄欠乏性貧血の患者の方が多いからです。
しかし、上記に書いたように妊娠するにあたって胎児への影響もあるため、見過ごしても良い物質ではないのです。
しかも、女性自身が妊娠に気づかない間のとても早い時期に必要となる物質なのです。
このことから、特に若い女性には不足してはいけない物質ということがわかります。
ですから、葉酸はもっと一般に認知されるべき物質だと思います。

葉酸を多く含むもの・効果効能

葉酸とはビタミンB群の一つであると紹介しました。またビタミンM、プテロイルグルタミン酸やホラシンと呼ばれ水溶液は弱酸性を示します。

次にこの葉酸を多く含むものを野菜、果物に絞り紹介します。
100g中に葉酸が多い順に5つずつあげると、野菜はモロヘイヤ、パセリ、あさつき、ブロッコリー、よもぎが挙げられます。果物はライチ、いちご、マンゴー、キウイ、りんごが挙げられます。
野菜はいずれも生の状態ものであげた5つは平均しておよそ200μg程度の葉酸を100g中に含み、茹でるや炒めるの調理の工程が増えるほどにビタミンであるので熱による変性や水に溶け出すことで葉酸の量は減ってしまいます。
一方、果物は5つ平均しておよそ80μgを100g中に含みます。

野菜と違い、果物は生で食べられることから数値通りの葉酸を摂取することができます。
最後に葉酸の効果効能について説明します。
葉酸は貧血、心臓病の予防さらにはビタミンであることから放射線拮抗性を持ち、1日に250μgの摂取が推奨されています。

貧血も葉酸で解決

葉酸は妊婦さん以外にも貧血の方もぜひ摂るべき栄養素なのです。
葉酸サプリというと妊婦さんが飲むといいという話は上で説明してきましたが、ビタミンB12と一緒に摂取すると、赤血球の生成が活発になり、貧血や立ちくらみの予防になり造血ビタミンと呼ばれているのです。

私はよく貧血に悩まされていましたが、葉酸を摂るようになってからは通勤中の電車のなかや、会社の朝礼中によく貧血、立ちくらみを起こしていたのがぴたりとなくなりました。

貧血に悩まされていた時は、外にでるのもかなりおっくうだったのですが今ではまったく気にならなくなりました。なので妊婦さんだけでなく、貧血に悩まされている方にも葉酸サプリはおすすめです!

妊婦は葉酸についてどれだけ知っているか

私の周りの友人たちの半数以上は葉酸を摂っています。
最近は妊娠の初診時に葉酸サプリを推奨されたり、「妊娠したら葉酸」などの女性誌広告から、結婚適齢期の女性にとって葉酸の認知率自体はとても高いのだと思います。

妊娠中ずっと気になっていたのです。ちゃんと私に健康で元気な赤ちゃんが埋めるかずっと気になっていたのです。
結婚したらすぐに赤ちゃんに恵まれるように、葉酸サプリを飲むように母にも言われていたのです。
だからこれが私の日課でした。
母に言われたとおりに、毎日葉酸サプリを飲んでいたのです。

つわりでどれだけ苦しんでいても、何も食べれなくてもこの葉酸サプリは飲む事ができました。
何とか栄養を補っていたのです。サプリなので手軽にできました。
ほとんど味も香りもしないので、つわりの時でもとても飲みやすかったです。
母の時みたいに、私が健康で産まれたのもこの葉酸のおかげなのです。
そして無事に元気な赤ちゃんを産む事ができたので、とても感無量の気分だったのです。

葉酸は妊娠前から摂取するのが良い良いそうです。
葉酸ってようするにビタミンの一種で、赤ちゃんの脳や神経を作るのに重要な役割を果たしているんですね。
食べ物にも含まれているけれど、サプリで摂取した方が体への吸収が良いと聞いたのでサプリを購入しました。
ちなみに葉酸が含まれている食べ物はほうれん草やアスパラガスなどがあるけれど、どちらもあまり好きではなく、しかも葉酸を十分に摂取するには大量に食べないといけないので私にはサプリの方が断然摂取しやすいです
葉酸は胎児の神経管欠損症の予防になるということでしたが、ドラッグストアで見てみるとたくさんの葉酸サプリがありヨーグルトなどの食品でも葉酸入りと書かれたものがたくさんあることを知りました。

たくさんありすぎて迷ったのですが、なんとなく普通の鉄分のサプリを手に取ると鉄分はもちろん葉酸も一日分の量が摂取できるようになっていて、ほかにビタミンなども含まれているものがありました。
これならいろいろ飲まなくても大丈夫だなと思い、普通の鉄分のサプリを購入しました。
このサプリを摂取したおかげか私は妊娠中も、貧血になることなく元気な赤ちゃんを産むことができました。
葉酸は妊娠中にとるサプリというイメージが強いので出産後はサプリとることもなくなってしまいました。

葉酸のリスクについて

葉酸摂取のリスクについて知っていますか?
「子どものアレルギー発症率の上昇に関係している」とする研究結果が認められているらしいのです。
葉酸が「胎児の神経障害のリスクを軽減できる」というメリットはとても大きいです。
ただそれならば、サプリメントという形での摂取はまさに妊娠初期「のみ」で充分という考え方、選択肢もあるのではないでしょうか。

ただ個人差もあるので確実にそうなるわけではありませんが、100%いい事ばかりではなく、少なからず体質に合わないというようなデメリット、リスクもあるのだと頭に入れておくべきなのです。
また自身にアレルギーがあるのであれば、葉酸を摂る前に念のため担当医に確認をした方が良いと思います。

危険性も少し上げましたが、葉酸は胎児やお母さんにとってもとても大切な栄養素なことは間違いないのです。
葉酸が不足していた事で胎児に奇形が現れてしまったという事も実際にあるのです。

赤ちゃんのDNAやRNA生成になる核酸を作る成分が葉酸には含まれているのです。
葉酸が不足すると核酸が生成されないため、赤ちゃんの遺伝子配列がスムースに行われません。
なので成長が遅くなったり、最悪先天性異常が起こってしまいやすくなるのです。

特に二分脊椎や無脳症などがあげられます。
葉酸が不足することで、脳や脊髄の先天異常の発症のリスクが高くなるとされています。
日本では10000人に10人の確率と報告されており、高齢出産ではそのリスクがもっと高まります。

ですので、葉酸は積極的に摂るべき栄養素なのです。